経営目的

経営目的

誰のために、何のために、なぜクオリティ・ワンは存在するのか

納税は貢献

私たちは、真剣に「納税は貢献」だと思える経営者を増やそうと思っています。


私(※代表渡邊)自身、ベンチプレスの日本代表として海外で試合をしてきました。
日本ほど安心安全で豊かな国はない!と心から思っています。


なぜか?


2度の大きな戦争で私たちの先輩が血を流して諸外国から安心安全を守ってくれたから。
その後、必死に汗を流し納税を通じて日本を豊かにしてくれたから。
今あるこの安全安心と豊かさは、当たり前ではなく先輩たちが意志を持って築いてくれたもの。
この素晴らしい日本を、次の未来の日本人に、更に素晴らしい日本として意志を持って残したい。


私たちのできる、具体的な貢献方法が「納税」。
皆さんは、「納税」のときにどういう気持ちで納税していますか?


「取られる」


という感覚・意識はないでしょうか?

質問させてください。

A:利益1000万円 税金500万円
B:利益1億円 税金5000万円


どちらがご自身の手残りが多いでしょうか?


「B」


ですよね。
1000万円稼いだ時に、1億円稼ぐイメージをしているでしょうか?
多くの経営者が、無意識で1000万円以上は難しいかもしれない、、、と自分の可能性の枠を作っているかもしれません。
1000万円を稼げたのは、クライアントに「貢献」したから。
では、税金の5000万円は日本というプラットフォームと未来に「貢献」していると考えるのならば、自分の可能性は枠は広がらないでしょうか?


我々は、税務調査で税金を適正額になる交渉をします。
法律の範囲で節税の提案もします。
でも、納税するときに「納税は貢献」であると心から思えるか?
経営者のあり方が問われるのだと思います。


更に経営者の可能性の枠を広げる具体的な方法として、MQ会計をベースにした日次決算導入支援も行っております。
日次決算はタイムリーな利益を、メンバー全員と共有して利益を上げる仕組みです。


私たちは、「納税は貢献」であるという経営者を1人でも多く増やしていくことを使命していきます。

企業理念

BE STRONG

税理士法人クオリティ・ワンは、 税務・会計・経営を通じて、
強くて健全な価値あるものを創造・支援して、残します。

私たちは、メンバーだけでなく、クライアントや取引先なども同様に、 同じビジネスゴールをともに目指していく「仲間」だと考えます。 仲間と共にストイックに「STRONG」を、そして「上質」を追求し続ける。
強さとは、成果であり、経済的繁栄。
健全さとは、良好な人間関係から築かれる平和。
その両立を、日次決算と人軸経営によって実現していくこと。
自社、クライアント、そしてその先にある日本。
そのすべてにWINを創るこの姿勢こそが、BE STRONGという理念であり税理士法人クオリティ・ワンの存在意義です。

本気の仲間を増やす。

税理士法人クオリティ・ワンは本気のメンバー・パートナー・クライアントを1人でも多く増やして、お互いに強くて健全な幸せ・あり方・組織・商品・利益を追求する。
私たちが目指すのは、25年後までに納税額1兆円。
日本を強くて健全な国へ。目指すのはクオリティ・ジャパン。
1社でも多くの企業に成果と人間関係の両立の技術を届け、日本への貢献を実現し続けること。
そのためには「納税は貢献」だと思える"本気の仲間"が必要です。

仲間=メンバー+クライアント+パートナー