代表者
メッセージ

代表社員

渡邊 勝也

クオリティ・ワンは、一時期退職率が年間80%でした。
色々な要因がありますが、最終的には私の想いと行動の結果でした。

どんな想いだったかというと、メンバーは私の溢れた仕事をやる人という存在でした。
だから、メンバーに対してやれて当たり前。
仕事が出来ないと責めて、詰めていました。

でも、ある時にメンバーにも、メンバーの人生や幸せがると気付いたのです。
もし、メンバーがクオリティ・ワンというプラットフォームで、メンバー自身の幸せが叶うなら絶対に辞めないと確信したのです。

それから、経営者である私の役割は180度変わりました。
メンバーの幸せになれるプラットフォームを作るのが私の役割となりました。

そのプラットフォームの使命は、良い商品を創り、良いメンバーを採用・教育して、良い商品を、良いメンバーが広めて、仕組みを創り、この日本に残すこと。
この使命を本気で成し遂げることに、メンバーの幸せ、パートナーの幸せ、クライアントの幸せ、日本の幸せがあると確信しています。

私たちは、今までに会計業界にないサービスである「税務調査110番®︎」「日次決算」を創造してきました。

これらの商品の成長の過程では、沢山の成長痛がありました。

本気でなければ、乗り越えられない障害。
本気でなければ、受け入れがたい感情。
本気でなければ、耐えられない痛み。

でも、この成長痛があったからこそ、今の我々の幸せがあります。

だからこそ、これからも税理士法人クオリティ・ワンを含む、クオリティ・ワングループは、成長痛を選択していきます。

是非、税務・会計・経営という領域で本気で成長して、本気で物心豊かな幸せを実現したいという「本気の仲間」にお会いできることを楽しみしています。

私は、そんなあなたの本気の想いを受け止め、本気で最後まで手を離しません。